« フューエルストレーナ | トップページ | ギャランGTO 1700XⅡ  »

2008年10月 4日 (土)

ギャランGTO の 秘密

Ca342141 ギャランGTOのトランクの鍵穴はGTOのエンブレムを右に旋回させると

鍵穴が見えます。

運転席からはトランクオープナーで開けれますが直接あける場合は

上記の作業が必要になります。

昔の車はいろいろ凝った作りに なっています。

しかし車両費もUPするはずです・・・・

しかしこだわりを持つと言うことが 素敵ですね。 ひとつの部品ですが、当時の

メカニックのポリシーが感じられます。

やはり真剣に考えて創りあげた物は後世に精神共々受け継がれていくと思います。

今の世の中は個人中心の生きかたで判断して行動されがちですが、

いい物、いい考えを

後世に残すという発想が足りないように感じられます。

そんなんで旧車は動く生き字引みたいな存在です。33年の時を経ても飽きないのは

メカニッツクが強い意志と大きな志の塊りで創りあげているからなんですね・・・

改めて脱帽です。

« フューエルストレーナ | トップページ | ギャランGTO 1700XⅡ  »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギャランGTO の 秘密:

« フューエルストレーナ | トップページ | ギャランGTO 1700XⅡ  »

☆☆☆☆


  • google.com, pub-2968697974647727, DIRECT, f08c47fec0942fa0

☆☆


無料ブログはココログ