« 2009 ノスタルジックカーフェスティバルinひまわりの里  No.1 | トップページ | 地産地消 北竜町 »

2009年7月29日 (水)

2009 ノスタルジックカーフェスティバルinひまわりの里  No.2

Sa3d0358 爆音と共に会場入りした車 フォードGT 40 です。

1966年式 4.7L(350ps)をMRレイアウト

最高速度330kmの強わものです。

ル・マンで輝かしい成績を残しています。

こののどかな会場に まさか?本場レース仕様の車がキター!

会場入り口の段差をギリギリクリアで入場です。

なんとナンバー付です。 しかも自走です。

Sa3d0357 後ろ姿です。ガラスはアクリル板仕様です。

両サイドのエアダクトから外気を取り入れて

ホーリ製のキャブレターに吸気します。

Sa3d0359 フロント部分です。ボンネットのくぼみにラジエターが内臓されて

います。電動ファンが2基装着されています。

フォードGT40の 40は車高が40インチからきているらしい。

ですから 40×25.4mm=1,016mm と車高が低いです。

地を這うような 車です。

Sa3d0369_2  V型8気筒です。手前の自立している物は

電動ファン付オイルクーラーらしい。

マフラーは触媒なしの タコ足です。

ほとんどストレートで 短い・・・・

エンジンの後部にミッションがあり。

駆動はミッションから じかに駆動させています。

デフとミッションが一体化されています。

Sa3d0371 燃料ポンプは2基掛けです。

レギュレーターもダブルです。

レース仕様で公道を自走してきたのはすごい。

目立つ事間違いなし。発進時にはクラッチ操作神経使うと思います。・・・脱帽です。

タイヤも極太です。ハンドルも重そう・・・・

車内は蒸しブロ状態らしい。

ドアの窓も 小さな小窓しかないので・・・・・暑いだろうな?

税金もかなりの金額らしい・・・10数万

やはり維持するのも ハンパな気持ちでは無理です。。。

« 2009 ノスタルジックカーフェスティバルinひまわりの里  No.1 | トップページ | 地産地消 北竜町 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009 ノスタルジックカーフェスティバルinひまわりの里  No.2:

« 2009 ノスタルジックカーフェスティバルinひまわりの里  No.1 | トップページ | 地産地消 北竜町 »

☆☆☆☆


  • google.com, pub-2968697974647727, DIRECT, f08c47fec0942fa0

☆☆


無料ブログはココログ